古楽の楽しみ おぼえがき7月23日放送

 今週はイタリアの古楽の特集です。
 大分にもとてもおいしいイタリア料理店があります。シェフ自らが有機農法で野菜を作っています。食べ物が豊かな国は文化も豊かだというのが私の持論なのですが、とりわけルネッサンス期には文化の中心であったイタリアの古楽がとても楽しみな一週間です。
 ではプレイリストと感想です。


7月23日(月)
午前6時00分~6時55分
古楽の楽しみ  -イタリアの古楽さまざま-(1)

今谷和徳
- イタリアの古楽さまざま -(1)

「戦いに」 イザーク作曲
(4分43秒)
(合唱)コンコード・アンサンブル
<DORIAN DOR-90312>

「カルメン」 イザーク作曲
(1分06秒)
(演奏)ピッファロ
<DORIAN DOR-90312>

「バッカスのトリオンフォ」 作曲者不詳
(2分59秒)
(合唱)コンコード・アンサンブル
(演奏)ピッファロ
<DORIAN DOR-90312>

「ようこそ、5月」 作曲者不詳
(2分22秒)
(合唱)コンコード・アンサンブル
(演奏)ピッファロ
<DORIAN DOR-90312>

「狩りに」 作曲者不詳
(1分24秒)
(演奏)ピッファロ
<DORIAN DOR-90312>

15世紀のフィレンツェではメディチ家が政治の実権を握っていました。メディチ家は芸術や文化の振興にも努めたとのことです。という解説を聞いてもピント来ないところが残念。高校のとき世界史を取っていたのですが、あまり勉強していなかったので、勉強し直しです。興味を持って勉強すればこういう時代の歴史もとても面白いものですね。
 取り上げられているイザークはフランドル学派の作曲家でメディチ家に仕えたそうです。
時代の最先端であったフィレンツェの音楽ですが、中世っぽさも存分に残っていてとても心地よい音楽でした。




「優しく美しいひとよ」 ヴェルドロ作曲
(7分12秒)
(メゾ・ソプラノ)キャサリン・キング
(リュート)ジェーコブ・ヘリングマン
<LINN CKD 142>

「わが命のひと」 ヴェルドロ作曲
(3分38秒)
(リュート)ジェーコブ・ヘリングマン
<LINN CKD 142>

「わが命のひと」 ヴェルドロ作曲
(1分47秒)
(メゾ・ソプラノ)キャサリン・キング
(リュート)ジェーコブ・ヘリングマン
<LINN CKD 142>

 ヴェルドロはフランス出身の作曲家で、生涯のほとんどをイタリアに暮らしました。メディチ家に仕え、教会の楽長として教会音楽を造るとともに、貴族たちが歌うマドリガーレを作曲したそうです。イタリア・マドリガーレの創始者と見なされているとのことです。
 メロディーがとても美しい曲たちでした。ソプラノとリュートの組み合わせは、歌が生きてとても素晴らしいです。リュートの素朴な音色が人間の声ととてもよく合います。イタリアといっても、今のイタリアのような明るい感じではなく、落ち着いた感じがするのもとても心にしみます。


今度は北イタリアのマントヴァの音楽です。一六〇〇年前後のマントヴァの重要な宮廷音楽家モンテヴェルディのマドリガーレです。
「マドリガーレ集 第3巻から 柔らかい草の上に」
モンテヴェルディ作曲
(3分23秒)
(合唱)ラ・ベネシアーナ
(カウンターテナー、指揮)クラウディオ・カヴィーナ
<GLOSSA GCD 920910>

「マドリガーレ集 第3巻から ああ、私の優しい恋人」
モンテヴェルディ作曲
(3分20秒)
(合唱)ラ・ベネシアーナ
(カウンターテナー、指揮)クラウディオ・カヴィーナ
<GLOSSA GCD 920910>

「マドリガーレ集 第3巻から おお、春よ」
モンテヴェルディ作曲
(2分48秒)
(合唱)ラ・ベネシアーナ
(カウンターテナー、指揮)クラウディオ・カヴィーナ
<GLOSSA GCD 920910>

「マドリガーレ集 第5巻から このように少しずつ」
モンテヴェルディ作曲
(3分25秒)
(合唱、演奏)ラ・ベネシアーナ
(カウンターテナー、指揮)クラウディオ・カヴィーナ
<GLOSSA GCD 920925>

「マドリガーレ集 第5巻から この麗しい歌声は」
モンテヴェルディ作曲
(7分17秒)
(合唱、演奏)ラ・ベネシアーナ
(カウンターテナー、指揮)クラウディオ・カヴィーナ
<GLOSSA GCD 920925>

無伴奏から楽器付きまでヴァリエーションに富んだ美しいマドリガーレでした。マドリガーレって世俗の多重声楽曲と理解しているのですが、モンテヴェルディのマドリガーレには宗教音楽に通じる崇高さが時々顔をのぞかせる瞬間があるように感じます。




声楽曲の作曲原理 マドリガーレからリートまで 言語と音楽の関係をさぐる/ヴァルター・デュル/村田千尋
オンライン書店boox
著者ヴァルター・デュル(著) 村田千尋(訳)出版社音楽之友社発行年月2009年08月ISBN9784

楽天市場 by 声楽曲の作曲原理 マドリガーレからリートまで 言語と音楽の関係をさぐる/ヴァルター・デュル/村田千尋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【取寄品】マドリガーレからリートまで 声楽曲の作曲原理 言語と音楽の関係をさぐる ヴァルター・デュル/著 村田千尋:訳【送料無料】【smtb-u】
エイブルマート
***ご注意***こちらの【取寄品】の商品は、弊社に在庫がある場合もございますが、基本的に出版社から

楽天市場 by 【取寄品】マドリガーレからリートまで 声楽曲の作曲原理 言語と音楽の関係をさぐる ヴァルター・デュル/著 村田千尋:訳【送料無料】【smtb-u】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック