古楽の楽しみ おぼえがき10月3日放送

だんだん肌寒くなってきました。
こういう感覚は日本全国でかなり違うと思います。
大分県内でも、湯布院なんかでは「寒!」って感覚だと思いますが、大分市内ではやっと長袖を着ましたという感じです。

今日のプレリストと感想です。

10月3日(水)
午前6時00分~6時55分
古楽の楽しみ

大塚直哉

「第1旋法による組曲」 クレランボー作曲
(20分02秒)
(オルガン)ジャン・ボワイエ
(合唱)レ・ドゥモアゼル・ド・サンシール
(指揮)エマニュエル・マンドラン
<Virgin veritas
7243 5 61777 2 7>
これはオルガンと合唱が交互に組み合わされた組曲で、一気に宗教的な気分にさせられます。グレゴリア聖歌の合唱も素晴らしいし、オルガンも押さえた感じですごく合うし、とてもいやされました。


「“ヴィオール曲集”第5巻から 組曲 イ短調」 マレー作曲
(10分50秒)
(ヴィオール)ミーネケ・ファン・デル・フェルデン
(クラヴサン)グレン・ウィルソン
<CHANNEL CLASSICS CCS 15898>
マラン・マレーは17世紀フランスの作曲家。ヴィオールの名手だったそうです。このヴィーオールはヴィオラ・ダ・ガンバ。落ち着いていてゆったりした気分になれました。


「フルート・ソナタ ニ長調 作品2 第5」 ブラヴェ作曲
(18分14秒)
(フラウト・トラヴェルソ)有田正広
(ヴィオール)ヴィーラント・クイケン
(クラヴサン)有田千代子
<コロムビア COCO-70859>

ブラヴェはかなり時代が新しい作曲家ですが、曲は古楽っぽいです。有田正広さんのフラウト・トラヴェルソは一気に昔の時代に旅をさせてくださるようで素晴らしいです。いつか生演奏をお聴きしたいですね。

 今日は長い曲が多かったですが、長さを感じない素晴らしい曲たちでした。
 明日も良い音楽に出会えますように。



Sibelius 2 日本語版
ヤマハミュージックメディア

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sibelius 2 日本語版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック